PROFILE

↓ライターのお仕事↓
greenz.jp
ライフハッカー
PingMag
CATEGORIES
ARCHIVES
アシュタンガヨギーみんなのバイブル。フルプライマリーシリーズのアサナの写真と解説が詳細で、練習に行き詰まると開く本。
スーパーモデルのクリスティー・ターリントンもアシュタンガヨギー。ゴヴィンダ先生も彼女に教えていたらしい!この本にもゴヴィンダ先生が登場。
これからアシュタンガヨガを始めようとしている人やビギナーにオススメ。
「ヨガはトレーニングではなく、生き方です。」の言葉がすべてを物語っている。ヨガを通したライフスタイルや考え方が、分かりやすい言葉で書かれている。
MOBILE
qrcode
<< 習慣をつくる方法 | main | できないと分からないから、できたい >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ジャンプスルー&ジャンプバック
去年の12月頃から、朝ヨガで他の人の練習を見ていて、ジャンプスルーの時に足をクロスしないで、まっすぐ伸ばしたままできるようになりたいと思うようになった。それからしばらくの間は、意識して足を伸ばしたままジャンプスルーをする練習をしていた。

最近またその練習にも行き詰まるようになってきて、ネットで色々調べていたら面白いブログに出会った。

ASHTANGA JUMP BACK in The Primary and Intermediate Series

ジャンプスルーとジャンプバックにだけフォーカスしたブログなのだ!

このブログの主は、45歳のイギリス人。
2007年3月にアシュタンガヨガを始めて、練習は本とDVDを使った自宅練習のみ。
練習を積み重ねていたある日、アシュタンガヨガのマスター達(先生とか有名人)は、あまりにも軽々とジャンプスルーとジャンプバックをやっているけど、これってすごく難しくない!?ということに気付き、ジャンプスルー&バックにフォーカスしたブログを始める。

そうして、2008年2月から約1年練習を続けた彼のジャンプスルー&バックがコレ!

正直、かなり感動した。
どこのスタジオにも通わず(通えず)、本とDVDとインターネットから得られる情報だけを頼りに、毎日自分の家で練習して、練習して、練習して、ジャンプスルーとジャンプバックが段々とできるようになっていく。

途中で、取手みたいな道具やヨガブロックを使ってみたり、試行錯誤している様子が泣ける。
普通の部屋の中にヨガマットを敷いて、格好もパジャマに近い部屋着で、正に私が独りで宅練している時とほとんど同じような光景で、その姿に自分を重ね合わせて、勝手にジーン。

思えば、私も2006年11月にユニヴァのアシュタンガクラスに通い始めてから、最初に行き詰まったのはジャンプスルー&バックだった。
クラスが終わった後で、ホットヨガスタジオの廊下のところで、Ryugenさんに教えてもらいながら居残り練習したな〜、なんて思い出したりして。

それから2年も経つというのに、いまだに行き詰まっているというのも考えものだけど、それだけジャンプスルー&バックは奥が深いということだ。(ということにしよう)

プライマリーシリーズを練習していると、大体最初の頃にジャンプスルー&バックに行き詰まる。
しばらく練習していって、キレイな形・満足いく形でなくても、呼吸とカウントを乱さない程度にできるようになると、それから先は追求しなくなってくる。
マリーチアーサナとかシルシャーサナとかスプタクールマーサナとか、形にすらできないような苦手なアサナが他にもたくさんあり過ぎて、そんな余裕は無かった。

でも、ジャンプスルー&バックは、プライマリーシリーズのシッティング以降、ほとんどのアサナの間に必ずといっていいほど入ってくる。
なので、他のアサナがクリアできてくると、またジャンプスルー&バックが気になってくる。

彼のブログの右下の方に、アシュタンガマスター達の華麗なジャンプスルー&バックの、コマ送り画像が並べてある。
上から、Kino MacGregor、John Scott、Sharath、Lino Miele、David Swenson。錚々たる豪華メンバー!

このコマ送りをじっくり見て、すごくいいイメトレをして、昨日朝ヨガで練習してみたら、かなりいい感触を掴めた気がした。
腕の力だけじゃなくて、バンダを使って上にちょっと上がる感覚というか、うまく言えないけど、自分なりに感じるものがあった。

私には、やっぱり足を伸ばしたままよりも、足をクロスしたジャンプスルー&バックの方が合っている気がした。
常に意識して練習を続ければ、理想のジャンプスルー&バックができる日も近いかもしれない。

イギリス人の彼は、自分のブログについて、同じようなレベルで練習している人と悩みや情報を共有したいし、何かの励みになればとも書いている。
実際に、私はかなり励まされた。そしてとても参考になった。

アシュタンガヨガは本当に世界共通なんだなと思ったし、インターネットと英語ができれば、どこにでも繋がることができるのかも、と改めて実感した。
ヨガだけじゃなくて、英語ももっとがんばろー。

見知らぬイギリス人GRIMMLYさんよ、ありがとう!
| YOGA | 12:11 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト
| - | 12:11 | - | - |
コメント
勉強になりました。
やっぱKINO素敵!!
アサナに執着したくないけど、
アサナを追求したくなるね・・・。
自分のペースでがんばりましょねっ!!
| maico | 2009/01/16 11:06 PM |
maicoちゃんに教えてもらったKINO、私のジャンプスルー&バックのお手本にさせてもらってるよ〜。

このブログのglimmlyさんにメールを出したら、このブログはアサナの技術的なことを追求するために書いているので、哲学的なこと、スピリチュアルなことは書かないようにしているらしい。

メールの最後に「Practice and all is coming」と励まされました。色んな人が世界のどこかでがんばってるねー。
私たちもがんばろう。
| mato | 2009/01/17 12:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ihbh.jugem.jp/trackback/137
トラックバック